戸畑駅Fプラス整形外科

MENU
新規開院
ブログ

“痛みの原因”は
本当にそこですか?

It’s our clinic

News

プラスに込められた思いConcept 7

  • Functionalカラダ全体を診て、運動機能を改善する

    痛みや故障している局所だけに注目するのではなく、カラダ全から評価して、痛んでいる周りの組織を連携させて、目的とする運動の機能を向上させます。

  • Full time受診しやすい時間帯に開いている

    忙しく働いている社会人、部活や勉強を頑張っている学生、家事で手が離せないお母さん、そんな毎日一生懸命頑張って、時間があまりない方にも、通いやすい『夜間』にクリニックは開いています。

  • Fun rehabil楽しみながら通えるリハビリテーション

    カラダをより良く動かすことに専心したセラピストが治療にあたります。カラダ全体から局所へ落とし込む治療を行います。

  • Familial家族のように治療を行う

    我々スタッフが何時も心に留めているもの、『自分の家族だったらどうするか。』この気持ちを常に持ち続けて治療します。

  • Face to face顔を合わせた診療

    画面ばかり、カルテばかり、痛いところばかり見ては治療になりません。表情、声のトーン、診察室に入ってくる様子、そこに治療のヒントがあります。患者さんに向き合いながら診療します。

  • Flexible患者さんのニーズに即した治療

    自分のできる、自分の知っている、自分が一番だと思う治療を医者は勧める(進める)ことが多いと感じます。但し、これは病気だけをみての話です。患者さんの生活環境、家族、趣味、仕事、部活、一番大切にしていることから治療方法を考える必要があります。

  • Fukuoka福岡から全国、世界へ

    ここ、北九州、福岡から全国、世界へ羽ばたく選手、人材を育むことを目指します。

Greetingご挨拶

当院のホームページにお越しいただきありがとうございます。カラダを運動機能で診る、整形外科医の古子剛です。
カラダに起こる痛みや故障は、実を言うとカラダの連携した動きの中での結果です。本当は痛みや故障を起こす原因が他にあることが多い。カラダ全体を診て、その原因を探り、カラダを動き易くする。そしてより良い生活が送れるように、我々がサポートします。

古子剛

POINT通院しやすい3つのポイント

  • 平日夜間の20時までの診察

    平日夜間の20時までの診察

    忙しく学び、頑張って働く人達が、学校や職場を休まずに受診できるところが必要です。我々は平日の夜間まで病院を開けることで、日頃頑張っている方達に通い易い病院を提供します。

  • 戸畑駅⇒直結

    戸畑駅⇒直結

    いざ行こうとしても、通いにくければ、結局足が遠のき、治療の結果がでません。我々のクリニックは、駅の二階、改札を出て1分で着きます。

  • 落ち着いた空間

    落ち着いた空間

    院内はリラックスしていただけるよう心掛けております。また学校帰りや仕事帰りの方の為に、待ち時間に宿題やPC業務などしていただくことのできるコンセント付カウンターも設けております。

POINT治療のポイント

  • 全身から行う評価・診察の技術力

    全身から行う評価・診察の技術力

    我々の最大の特徴は全身から行う評価・診察にあります。超音波エコーも併用し、カラダに負担のかからない方法で評価・診断を行います。高価な器械は置いていません。MRIやCTが必要な時は、近くの病院をご紹介いたします。

  • 病院連携

    病院連携

    もっと良い治療を、これは手術だ、というときは、戸畑地区の病院、周辺の大学病院、専門性の高い病院へ随時ご紹介いたします。

  • クラブサポート(Support one team)

    クラブサポート(Support one team)

    診察室、リハビリ室では動きが良くなったのに、いざ実践へ戻るとパフォーマンスが下がり、再受傷してしまう。そんなことが起こらないように、チームと連携し、復帰までをサポートします。Support one teamへ登録を!詳しくは受付へ!

“痛みの原因”は本当にそこですか?Causes of pain

カラダに起こる痛みや故障は、実際はカラダの連携した動きの中の結果です。
先ずはカラダ全体から診ていきます。

MODEL CASE 01
[ 膝を痛めた・・・ ]

ひざ痛の原因は、ひざ関節だけでなく隣接する関節である「足関節」と「股関節」にもある可能性がございます。「足関節」と「股関節」の可動制限によって2次的にひざ関節に負担がかかり、痛みが発生するケースが考えられます。

膝を痛めた

膝を痛めた
  • 院内写真1
  • 院内写真2
  • 院内写真3
  • 院内写真4
  • 院内写真5
  • 院内写真5
  • 院内写真5